ペットを購入するお店の選び方のポイント3選!


ケースに入ったままのペット

ペットショップのお店はお客さんに動物を購入して貰うために飼育ケースに中に入れた状態になっています。小さな子犬や子猫などがガラスケースの中で遊んでいる様子を見ると誰が可愛いと感じるものです。しかし、ケースの中の状態を観察した時に、糞などが散らかっている、おしっこした跡がある場合には注意が必要です。糞やおしっこは定期的に清掃を行い、ケースの中を清潔に保つことがペットの健康にも繋がるからで、ケース内が綺麗なお店を選ぶ事が大切です。

動物取扱業者標識を確認しよう

ペットなど動物を販売する場合や商用として飼育を行う場合には、お店などの住所を管轄としている自治体から動物取扱業者としての許可を得ている必要があるのです。許可を得ているか否かの確認はお店の中に動物取扱業者標識が掲示されているため安心してペットを購入する事が出来ると言う事ですね。しかし、動物取扱業者標識があるお店でも、ペットの健康状態をチェックしておく事は大切ですよ。ガラスケースの中にいる動物が、人が覗いている時に尻尾をふっている、遊んで欲しいと言った具合に近寄って来る動物がいるお店を選ぶのがお勧めです。

ペットショップの臭いって

ペットショップに行くと動物の臭いが店内に立ち込めています。この臭いは動物の体臭と言うものであり、特別気にする事はありません。しかし、この臭いが強烈な場合には要注意です。動物は糞やおしっこをするため、定期的にガラスケース内部の掃除をしてあげる必要があります。清掃が行き届いているお店であれば、こうした臭いも少なく健康状態が良いペットとの出会いに繋がります。そのため、ペットショップの店内の掃除が行き届いているかどうかをチェックするようにしましょう。

ペットショップなら東京が一番です。近年ペットブームとなっており、東京には様々なペットショップが点在しているからです。