漠然とペットを飼いたいと思った場合にどのような動物を選べばいい?


集合住宅なら小動物や魚がお勧め

具体的に飼いたい動物がいる場合は、ペットショップやブリーダーを利用して、その動物を購入すればいいですが、漠然とペットを飼ってみたいという気持ちだけある場合は、どのようにして動物を選べばいいのでしょうか。まず、アパートなどの集合住宅に住んでいて騒音問題を起こしたくないという場合は、鳴き声を発しない動物がいいでしょう。なので、犬は避けるべきです。触れる動物がいいのであればハムスターやモルモット、眺めて楽しむのであれば金魚などの魚がお勧めです。

小動物には夜行性が多いことに注意

ただ、ワンルームなど部屋数が少ない場所でハムスターやリスなどの小動物を飼う場合は注意が必要です。というのは、これらの動物は夜行性であることが多いからです。昼間はずっと寝ていて夜になると活発に活動を始めるため、睡眠を妨害されてしまうことがあり得ます。それが心配であれば鳥という選択肢もあります。鳥の場合、日中は起きていて夜は寝るという、人間と同じサイクルで生活する種類が多いので、夜中に騒ぎ出すことはありません。

小さな子供がいる場合は猫よりも犬

では、既に小さな子供がいる家でなにかペットを飼いたいという場合は、どのような動物がいいでしょうか。普通の一軒家であれば犬でも問題ありません。きちんとしつければ、人間の子供に危害を加えることはないからです。ただ、猫の場合はしつけが難しく、子供がちょっかいを出したときに噛んだり、ひっかいてくることがあり得ます。そうならなくてもストレスをためてしまう可能性が高いです。なので、注意して自制できるような子供ではない限り、見送った方が安心でしょう。

ペットショップ開業に際しては、騒音対策を十分施す必要があります。犬や猫の鳴き声は、深刻なトラブルの原因になりかねないため、住宅街近辺で開業する際は特に注意が必要です。