汚れの落とし方は常に意識!機械式時計を清潔な状態に保ちましょう


ベルト部分の汚れには特に注意

見栄えの良い時計を使い続けるために、機械式時計のガラス部分の汚ればかり落としているという人も少なくありません。しかし時計の汚れで気にするべきなのは表面のガラスばかりではなくて、腕に巻き付ける事になるベルト部分にも注意が必要です。革ベルトに付いた汚れを放置していると、それだけで革ベルト部分にカビが生えてしまう可能性もあります。そのカビは異臭を発する事もありますから、特に注意が必要だと考えておいてください。

湯気が時計に付着しないように気を付ける

お湯を沸かしている際にも腕時計を着用している場合は、やかんやポットから出てくる湯気が時計に当たらないように気を付けてください。もし大量の湯気が機械式時計に当たってしまうと、その湯気が時計の内部にまで入り込んでしまう事もあります。それが原因で時計が故障してしまう可能性もありますから、間違ってもサウナの内部などに機械式時計を持ち込まないようにしましょう。少量の湯気を使って、時計の表面を拭き取る程度であれば問題はないはずです。

研磨剤の種類に気を付けましょう

時計のガラス部分を拭いて傷を誤魔化すために、研磨剤を探しているのであれば、なるべく刺激が少ない研磨剤を選んでおきましょう。ガラスであったとしても、研磨剤を使ってケアできる事もあるからこそ、研磨剤選びは慎重に行ってください。機械式時計の表面を磨くために研磨剤を使うと、光の反射まで美しく感じられるような、素晴らしいツヤを作り出せる可能性もあります。そんなツヤを失わないためにも、機械に合う研磨剤を用意する事は重要です。

ウブロとは、スイスの高級腕時計ブランドです。「異なる素材とアイデアの融合」というコンセプを掲げています。ビッグバンというモデルが人気です。

詳しくはこちら
hublotの続きはこちら