実は奥が深かった!腕時計を付けなければならない理由


若者の間では腕時計離れが深刻

最近では若者の間で腕時計離れが深刻な問題になっています。確かに街中を歩く若者を見てみると腕時計をしていない人が多いことに気づかされます。その原因としてスマートフォンの普及が指摘されています。時間を確認する程度であればわざわざ腕に時計を付ける必要はない、ということです。実際、若者の意見としてもスマートフォンがあれば十分だと考えている様子で、今後ますます腕時計の利用者が減っていきそうです。しかしそんな腕時計にも深い事情があるのです。

腕時計は実用性ではなく身だしなみ

若者の間では、腕時計は必要ない、という意見を持つ人は多いのですが、実は若者でなくても腕時計は必要ないと考える人は多くいます。しかし若者のように必要ないから付けないというようなことはなく、それでも身に付ける人がほとんどです。その理由は機能性ではなく身だしなみとして必要だからです。時間の確認は腕時計でなくても出来るという考えば何も最近になって出てきた意見ではありません。スマートフォンが発達する以前から、時間は至るところで確認が出来ました。なので時間を確認するための腕時計は昔から不要と考えられていました。ではなぜそこまでして身だしなみを意識する必要があるのでしょうか。

身だしなみがなっていないと生き残れない

それは身だしなみをキチンとしていないと生き残れないからです。たかだ腕時計と感じるかもしれませんが、時間を象徴する重要なアイテムです。もし取引先の営業マンが腕時計をしていないと「この人は時間にルーズな人かもしれない」というような印象を与えかねません。たったこれだけのことで仕事を失うこともあるのです。社会に出ると信用がとても重要になります。腕時計はその信用を作るためのツールでもあるのです。そのためにも腕時計は身に付けなければならないのです。

オフィチーネ・パネライは、1860年に設立されたイタリアの高級腕時計ブランドです。大きくて男らしいデザインが特徴です。